24 -TWENTY FOUR- SEASON7のレビュー

宅配DVD 宅配CDレンタル.net

宅配DVDレンタル比較 > 海外ドラマ > 24 -TWENTY FOUR- SEASON7

アメリカに戻ってきたジャック・バウアー

総合評価 … ★★★★★

リデンプションでの出来事によりアメリカに戻ってきたジャック・バウアー

この物語は、ジャックが過去に拘束した容疑者の勾留と拷問について公聴会が開かれるシーンから始まります

公聴会を仕切るのはメイヤー上院議員

過去のジャックの行動を厳しく追及します

公聴会は順調に行われていましたが、突然やってきた1人のFBI捜査官の登場により中止

FBI捜査官の名前はルネ・ウォーカー
ルネ・ウォーカー

召喚状を提出し、ジャックの身柄を引き渡すように要請

メイヤー上院議員はこれを認め、ジャックはFBIに引き渡されます

理由は脅威にさらされている状況を打開するため

国内の主要なインフラシステムを保護してるCIPファイアウォールを突破しようとする者がいると伝えられます

脅威の背後にいる人物は死んだはずのトニー・アルメイダ

ジャックは半信半疑でしたが、捜査に協力する事に

今回の物語はトニーを巡って意外な展開が繰り広げられます

敵なのか味方なのか、見ていて翻弄されました

トニーの件に絡んで、クロエがFBIの監視システムにアクセスしてジャックの逃亡を手助けするシーンがあります

逃亡する側と阻止する側が対峙する緊迫したシーン

不正アクセスを見つけたFBIのジャニス・ゴールドは追い出すために対抗

一旦はアクセスを遮断されたクロエですが、そこはレベル6の分析官

再び監視システムにアクセスします

追い出したはずなのに再び監視システムにアクセスされたジャニス・ゴールド

「このハッカー、誰だか知らないけどかなり出来る・・・!」
ジャニス・ゴールド

クロエの能力の高さが際立ついいシーンです

FBIを抜けた後はシーズン1でのニーナ・マイヤーズを思い出させるシーンがありました
ルネ・ウォーカー

「うわっ・・・ジャック今度はやったよ・・・」
ルネ・ウォーカー

この後どうなったかはDVDで観た方が良いですね(*^_^*)

以降はリデンプションでも登場した2人が脅威になります

イケ・デュバク大佐
イケ・デュバク

ベンジャミン・ジュマ将軍
ベンジャミン・ジュマ

後にジュマの兵士によるテロ攻撃を知ったジャックは、ジュマの協力者でメイヤー上院議員の秘書であるバーネットを拷問

しかしあと1歩の所で政府の人間に止められ、攻撃の標的を聞き出せず

拷問の現場とジャックの言い分を聞いて責め立てるメイヤー上院議員

「黙ってろこの偽善者が・・・!」
メイヤー

「そういう貴方は無力だ!本当の悪と対峙し、それと戦う意志も力も無い!」
ジャック・バウアー

机上で片付けるメイヤーと、本当の悪と戦って多くの命を救ってきたジャック

メイヤー上院議員の主張も頷けますが、やっぱりジャックの言葉の方が重みを感じます

テイラー大統領はテロが起こるという情報に信憑性があるか、補佐官のイーサン・ケニンに問います

「バウアーが信じるなら恐らく本当でしょう。攻撃はあると思います。」
イーサン・ケニン

さすがケニン補佐官・・・

どんな時も常に正しいジャック

そんなジャックを知っている人物は違いますね

ジャックが拘束されて手掛かりがなくなったかに思えましたが、ルネの捜査で標的が発覚

なかなかの衝撃でしたね

そしてホワイトハウスでのジュマたちとの戦いはかなり緊迫感がありました

この時の救出作戦の決定権は副大統領

しかし自分の身を案じて、大統領の安全の確認が出来るまで作戦の許可を出しません

FBIのラリー・モスは突入するべきだと分かっていても、副大統領の命令に逆らわず待機

そんな時ホワイトハウス内で爆発

このシーズンの最初から常に規則に忠実という印象だったラリー・モスですが、この時は副大統領の命令に背いて現場判断で部隊に突入を指示
ラリー・モス

一斉に攻め込むこの時の緊迫感は最高です

ラリー・モスをただの頭でっかちの指示待ち人間で終わらせず、機転が利く優秀な捜査官として描いたのも良いですね

ただ先述のホワイトハウス内での爆発は・・・

悲しさと、勇敢な姿に思わず泣きました

24で唯一涙したシーンです

詳しくは是非DVDで・・・w

シーズン後半に登場する敵も強敵で展開も良く、全体的に楽しめました

そしてこのシーズンは今までの24と比べて趣向を変えたのが良かったと思います

CTU解体、腐敗した政府とFBI、女性大統領、アフリカをテーマにした構成など・・・

新鮮で良かったです

今までのようにCTUが存在して上手く機能していて、同じような政府、同じような敵だったらマンネリだったと思います

物語の構成と展開が良く緊迫感もあって、最初から最後まで楽しめたので評価は★5つです

Next 24 -TWENTY FOUR- SEASON8

Back 24 -TWENTY FOUR- REDEMPTION